birdpapaの鳥遊録Ⅱ

奈良近辺の野鳥写真を中心にカメラで撮影した画像を掲載・・・たまには大好きな釣りもさせてネ!

カテゴリ: 撮影機材

今回は久しぶりにMINOLTA HighSpeed AF APOTELE 300mm F4 Gに SONY Teleconverter 1.4Xを着けて・・・カメラ本体はα77Ⅱ・・・

最近遊んでいるTokina AT-X AF 400mm F5.6 SD (AT-X400AF)は400mm(35mm換算600mmm)で解放F値5.6、対して今回は420mm(35mm換算630mm)解放F値5.6とほぼ同じようなもの・・・どちらが良い感じかな・・・

モデルはいつものルリ姫さま・・・
a 160 6.3 25
ISO160 F6.3 SS1/25

b 160 6.3 25
ISO160 F6.3 SS1/25

c 160 8.0 30
ISO160 F8.0 SS1/30

d 160 8.0 25
ISO160 F8.0 SS1/25

e 160 8.0 25
ISO160 F8.0 SS1/25

f 160 8.0 25
ISO160 F8.0 SS1/25

あらためて見てみるとやっぱりMINOLTA レンズの方がだいぶ良い(笑)・・・

おまけはアオジで・・・
アオジ

今回はお試し中の古レンズ、トキナーから1990年に発売された「AT-X AF 400mm F5.6 SD」を「SONY α77Ⅱ」に着けて職場隣の公園のルリ姫さまをオートフォーカスで撮ってみた・・・

ルリビタキ♀ (1)
ISO100 F7.1 SS1/30

ルリビタキ♀ (2)
ISO160 F6.3 SS1/50

ルリビタキ♀ (3)
ISO160 F6.3 SS1/40

ルリビタキ♀ (4)
ISO160 F9.0 SS1/20

ルリビタキ♀ (5)
ISO160 F9.0 SS1/20

ルリビタキ♀ (6)
ISO160 F9.0 SS1/15

ルリビタキ♀ (7)
ISO160 F9.0 SS1/20

ルリビタキ♀ (8)
ISO160 F8.0 SS1/25

オートフォーカスの微調整を繰り返しながら、いろいろな絞り値で撮影・・・F9まで絞ると解像感は明らかに増す・・・ピンがバッチリ合えばF6.3でもそこそこ見れる画像も・・・ちょっとAFの命中率が低い気がするがもう少し調整を詰めてみないと・・・このレンズ400mm単焦点ながら重量は1Kgを切るのでお昼休みの撮影には丁度良い感じ・・・

ついに「TAMRON SP 150-600mm F/5-6.3 Di USD (Model A011)」のオートフォーカス機能が故障・・・
初回生産ロッド分でも5年そこそこのレンズだが・・・私の撮影スタイルは基本的にはマニュアルフォーカス撮影が基本・・・動きが止まらない鳥や寒さで手が凍えてしまったりしてフォーカスリングが回しにくいときはオートフォーカスを使用するが使用頻度的には2割もない程度・・・が、ある日突然不安定だなと思っているとそのうちなんの反応もなくなってしまった・・・

仕方なくタムロン修理センターに郵送し見積もりしてもらうと清掃調整込みで¥43,758(技術料金 ¥13,500/部品代金 ¥30,700/特別割引料金 ¥-4,420/消費税 ¥3,978)ちょっと高いよね・・・AF部のみの修理でも税抜き24,200円とか・・・修理センターの回答では故障の原因はおそらく偶発的な不具合との事だがそれでその金額を全てユーザーに負担させるの???オートフォーカスを基本とする撮影スタイルだと3年もないんじゃないかな???もちろんあまり使わないオートフォーカスにその金額を出す気にもなれず未修理返却に・・・そろそろ買い替えも考えていたがAF不動では売りづらくなってしまったのでしばらくはこのレンズと付き合うしかない・・・canon時代に同社のSP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD(Model A005)も使用していたがその時もAFの作動が不安定で嫌になった・・・写りが悪くないだけにもったいない感じだな・・・G2の購入も考えていたがちょっと考えないと・・・

今日も近辺の田園で・・・
相棒はα77Ⅱ(ILCA-77M2) + MINOLTA HighSpeed AF APOTELE 300mm F4 G + SONY Teleconverter 1.4X・・・

今日は早く起きてジシギを撮りにでるつもりだったが8時過ぎの起床・・・おまけにすでにピーカン・・・とりあえず情報を頂いたツメナガセキレイを見に行くことに・・・

ツメナガハクセキレイ (1)
ツメナガハクセキレイ (2)
ツメナガハクセキレイ (4)
ツメナガハクセキレイ (5)
ツメナガハクセキレイ (6)
ツメナガハクセキレイ (7)
ツメナガハクセキレイ (8)
ツメナガハクセキレイ (9)
ツメナガハクセキレイ (10)
ツメナガハクセキレイ (12)
ツメナガハクセキレイ (13)
ツメナガハクセキレイ (15)
ツメナガハクセキレイ (16)
ツメナガハクセキレイ (17)
ピーカンのなか長い爪を撮ろうと頑張るがなかなか上手く撮れず・・・なんとか確認できるかな?というのが撮れたのでとりあえず終了・・・


奥にはずっとコチドリが・・・

コチドリ
他にはイソシギやクサシギも・・・


隣の畔にはタシギが数羽・・・そのなかに?ジシギ!と思われる子も・・・

ジシギ? (1)
ジシギ? (2)
ジシギ? (3)

暑さに負け一旦帰宅・・・

昼からはレンズをTAMRON SP 150-600mm F/5-6.3 Di USD (A011)に替え・・・

まずはジシギを・・・

ジシギ (1)
ジシギ (2)
逆光が強く難しい・・・


足を延ばしセイタカシギ・・・

セイタカシギ
たくさん撮ったのでまた今度・・・

夕方はまたツメナガセキレイとジシギを・・・こちらもまたの機会に・・・

今回も古デジカメ遊びを・・・
機材はソニー 「サイバーショットDSC-H5」・・・

h5 136

こちらも13年前に発売されたモデル・・・有効画素数720万画素、光学12倍ズームで焦点距離36mm(F2.8)-432mm(F3.7)、寸法は幅113.2mm×高さ83.0mm×奥行94.0mm、本体重量406g・・・先に紹介したFinePixに比べると気軽にパシャパシャとシャッターを切れる感じ・・・

ツクツクボウシさん・・・

ツクツクボウシ (1)
ツクツクボウシ (2)
ツクツクボウシ (3)
ツクツクボウシ (4)
ツクツクボウシ (5)
ツクツクボウシ (6)
ツクツクボウシ (7)
ツクツクボウシ (8)
ツクツクボウシ (9)
ツクツクボウシ (10)

ニイニイゼミさん・・・
ニイニイゼミ
ニイニイゼミ(2)

クマゼミさん・・・
クマゼミ (1)
クマゼミ (4)
クマゼミ (3)
クマゼミ (6)
クマゼミ (7)
クマゼミ (8)
クマゼミ (9)

アブラゼミさん・・・
アブラゼミ (1)
アブラゼミ (2)
アブラゼミ (3)
アブラゼミ

ヌケガラさん・・・
ヌケガラ

カマキリさん・・・
カマキリ
薄暗い所での手持ち撮影なのでさすがに細かな所までは解像してくれないが悪くない・・・操作がしやすく気軽にシャッターを切れるのがお散歩カメラ向き・・・バッテリーが単三型2本でスタミナがないのがネックかな・・・

このページのトップヘ